FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウソツキ大人2

どーも僕です。
長かったんで分けましたの2回目です。
よければいっこ前のも読んで下さいね。




小さなウソならつかない方がいい。せめて『産気づいた妊婦を助けていたんだ』くらいは言いたいものだ。
しかし『渋滞もしていたし救急車もなかなか来られないから、タクシーを呼んで病院へ送って行ったんだ』ではつまらないし、彼女もすぐにそのウソを見破るだろう。

この場合は『救急車が来られないのに出産がはじまってしまい、どうしても仕方がなかったので祖母が助産婦をしていた経験からボクが取り上げることになった』とした方がエキサイティングな展開だ。
彼女にはツッコむ隙をあたえず『周りを歩く女性にお願いをして囲いを作ってもらい、いよいよ出産がはじまった』とすればとりあえず、「で、どうなったの?」と彼女もその続きが気になるはずだ。

『ところがそこで大きな問題が発生した!』もう彼女はキミが遅れたことなどどうでもよくなっている。
『なんと子供は逆子だったんだ。いくらボクでも逆子を取り上げた経験まではなくてね』ごくりとツバを飲む彼女。
『だけれども見捨てることなんて出来ない。その妊婦が頼れる人間はボクだけだから』軽く感動を覚える彼女。
『どれだけの時間が流れたのだろう。妊婦の体力も限界に近い。まわりの人々の表情から不安の色がうかがえる。そんなとき「がんばれ」と誰かが言った。その声はしだいに大きくなり、妊婦を、そしてボクを励まし続けた』ここで彼女もキミにがんばれと言う。
『時間がすぎていった。1分が1時間のようにも感じられたし、一瞬のようにも感じられた。ボクの頭の中はほとんど真っ白だった。瞬間、赤ん坊の泣き声で我にかえった。沸き上がる歓声。その時初めてボクは赤ん坊を無事に取り上げた事に気が付いた。愛おしそうに赤ん坊を見つめる女性。遅くやって来た救急車に二人を乗せると、ようやく二人を助けられた安堵と心地よい疲労感、そして生命の誕生に直面したことへの大きな感動がボクにやってきた。
その時の感動をボクは一生忘れない。……ところで待った?』

『ううん、今来たトコ♡』


 ウソとは想像力とユーモアである。これは簡単そうでなかなか難しい。なんせ僕なんかこの方法でまだ許してもらえたことがないのだから。


昨日の打ち合わせに遅刻したのでね…

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。