FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行列のできる

どーも僕です。
札幌は今日も暑いです。

どれくらい暑いかというと、僕が何をトチ狂ったか食べ物の列に並ぶくらい。

僕は普段、行列には極力並ばないようにしているんですよ。
特に食べ物関係。

だって、たかが食べ物に行列を作って並ぶなんて戦前の配給じゃあるまいし、なんともみっともない話じゃないですか。
いい大人が食べ物にそこまで時間を費やすなんておかしいじゃないですか。
僕は元々「養分なんて錠剤とか注射とかで採れればいいじゃないか」と言ってた人間なので、美味しい店を探すだとかにはとんと興味がないんですよ。

その僕が炎天下の中「うわー今日は暑いなー。あ、なんだか行列ができてる。うーん?パンの販売か。前から気にはなっていたんだけど食欲はないんだよなあ。じりじりと日光が肌を焼く中並ぶなんて考えられないよ。えーい、並んじゃえ!」となってしまったのもひとえに暑さのなせる技。


事務所近くの『光塩調理製菓専門学校』というところで、月に数回、そこの生徒の作ったパンやら洋菓子やらを販売してるんですね。
以前、取材をさせていただいた事もあるんですが、毎日数百人分の学生の給食を同じ学生が作ったりととても実践的な学校だという印象でした。
で、ここのパンの販売はいつも長蛇の列を作るんです。
そこに並ばせていただいたんですよ。炎天下の中。
「5にんずつ、はい、次の5人のかたどーぞー」とか、一度に入れる人数に制限があるものだから中々進まない。
その間にもジリジリと焼ける肌、ダラダラと吹き出す汗。
前の学生達は彼氏がむかつくだの親がむかつくだの。
知るか、別れろ、とっとと働いて家を出ろ、順番をひとつ譲れ。
そんな学生もガラス越しにパンが並んでいるのを見つけると
「かわい~。きれ~。あ、あれ美味しそう。あ、クロワッサンも買おう。シルブプレ~」
「シルブプレ~」
なんてやってるもんだからかわいい。

ようやく自分が入る番になった頃には1時間近く経っていました。
こんなのはじめて。
もうどんなコトでも平気そう。

まあ、パンがむちゃくちゃに安いんですよ。
カレーパン60円。
ピロシキ60円。
ああ、こりゃあいいなあと。
ようやくクーラーの効いた楽園にたどり着き、目の前にあるのは腹を満たすゴチソウ。
サウナの後のビールに似ている。

僕くらいになると甘いパンには目もくれません。
カレーパンやちくわパンなどの総菜パンオンリーで攻めて行きます。
だって張り込みでもないのにアンパンなんて食べられないでしょう?
チョココロネがビールに合いますか?

そんなこんなで10個ほども買い、事務所のデザイナーに分けたりしながら、ブログ書きながら。



飲みながら。


たまには並ぶのもいいのかもね。


並びたくない方はこちらで

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。