FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンカーンと闇の傀儡師

どーも僕です。
山登りセカンドシーズン。
大急ぎです。



忘れたカメラを取りに行くため2度目の円山アタック。
置いた場所は覚えている。
しかしはたしてまだ山頂に置いてあるだろうか?
もう誰かに持ってかれてしまっているのではないだろうか?
先に警察へとどけておいたほうがいいのではないだろうか?
山頂から降りてくる登山者とすれ違う度に醜い疑念が頭を駆け巡る。
カメラヲモッテイルノハコイツデハナイノカ?

「ああっもう。おかしいよ?だってさっきこの道を通ったはずだよ?何でまた登ってるのさ?たぬきに化かされてるの?」

先をゆくリンカーンが声を上げる。
この格好なら、さっき撮影をしているところを見ていた人が『アナタのカメラですよね。ちょうど警察に届けようと持って来たところなんですよ』と声を掛けてくれるのではないかと、撮影時の格好のまま2度目の登山だ。

「ああ、きっと化かされているに違いない。本当の僕たちは今頃ビールをあおっているはずだよ」

「そうだね。化かされているんならもういいね?僕はもう妄想の中でだってシルクハットなんかかぶってらんないよ?君がカメラさえ忘れなければこんな目には遭わなかったのに」

簡単に音を上げるリンカーン。

「仕方ないな。だいたい君も頂上に鏡を忘れたそうじゃ無いか」

先ほどの撮影時に何度も鏡を取り出し、ナルシスト気味に髪型を整えると「さあ撮ってくれ」とポーズを付ける姿が思い出される。
気持ちが悪い。

「いや、やめよう。もういいね?お互いに忘れ物をしてしまったんだ。これ以上罵り合ってよけいな体力を使うのは愚者のすることだよ。それよりももっと建設的に考えようじゃないか」

「そうだね。この場合僕は君にこういうべきだね?『2度も山登りをさせてくれてありがとう』と」

「やっとわかってくれたかい?日頃から運動不足気味の君はこうでもしないと中々動こうとしないじゃないか。僕は君を心配してこのような乱暴な手段に出てしまったけど、それは仕方が無いね?」

「そうだね。僕の体をそこまで気を使ってくれてありがとう」

「いや、どうという事は無いよ。不摂生はお互い様。こんな機会でもなければ僕だって山登りなんてしないよ」

「そうだね。しかし2度もすることはないよね。なぜだい?それはキミがカメラを置いて来たからじゃないのかい?」

元の話に戻そうとする元リンカーン。

「その話をまたぶり返すのかい?しつこいなキミは。ほら、山を見たまえ。ほら、そこの隙間から街を見下ろしたまえ。ほら、これで今までの卑屈で矮小なキミはもういないね?」

「そうだね、ごめん。この広い世界、大きな大自然の中ではキミのカメラなんてどうでもいい事だった」

「そっちじゃないよね?」



つづくからぁっ!

ここ一週間で完結させるぞ!の気力をポチッと
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。