スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18歳未満入場禁止展覧会「下品で最低3」の終了レポート トークショー編

さてと、ずいぶんと長くなりましたがこれで最後です。
たぶん。
これもながいですよ〜


hotpowers.png
mikurachan.png
18歳未満入場禁止展覧会「下品で最低3」の締めくくりとして行われましたのが、この
『ホットパワーズ☆トークショー ~ オナホール職人の朝は早い~』

いつもちょっとオカシイ大人のおもちゃ制作、販売のホットパワーズから『みくらちゃん』が来札! ホットパワーズってどんなとこ? オナホールは誰がどうやって作るの?
みんなきっと興味のあるそんな話を聞きながら楽しい時間を過ごしていただきました。

場所:OYOYO(札幌市中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル 6階)
日時:8/24 19:30開場 20:00開催
入場料:通常版1500円、付録付き2000円(10組 何かしらのグッズ入り)、福袋付き3000円(5組 サイン色紙、何かしらのグッズたくさん入り)

【出演】
・みくらちゃん(ホットパワーズ)
・アラキヨシキヨ(近未来美術研究所&NECCO)
・山口哲志(主催 ドラマチッククリエイション&エンターテイメント企画)

【司会進行】 
・服部亮太(Sapporo6h)


h42.jpg
ちなみに福袋の中身はこんな感じでした。
【ホットパワーズスタッフ寄せ書きサイン色紙・とくっちくび・さとあなiPoneケース・ホッパッティー・黒いオナホ・手書きラブレター素材集・SECRET BOOK MARKETの本・おまんこ3Dデータ(実物)みくらちゃんサイン入り・xvideos単語研究ストラップ】
すぐに売り切れちゃいましたが、これはかなり豪華だと思います。


トークは前半、後半に別れ、間のご休憩時間にちょっとしたエキシビジョンを入れてみました。




〜ホットパワーズってどんなとこ?〜

h01.jpg

h04.jpg
まずは自己紹介から始まり、「ホットパワーズってどんなとこ?」といったお話をホームページを見ながら。


h03.png
「こっちはホッパで出している「おまん紅茶 スケベなチーズ風味」です」
「あ、今日、そういうノリでいいんですよね?」
「皆さますいません。今回こんなんなんで下ネタとセクハラが非常に多いと思いますけど、ソコのところご了承ください」


h05.jpg
「スタッフ『とくっち』の乳首バッヂ『とくっちくび』です。ちょっと見栄張ってかなりピンク色にしてありま−す」
「え、付けてみたい? じゃあじゃあ、僕らがね?」
「あ、オマエ今こっそりおっぱい触ったろ?」
お客さんとの心暖まる交流も忘れません。


h06.jpg
「ほーらくるりと回って、会場の皆さんにも見せて差し上げて」


h07.png
「この中でオナホールを触ったことのないヒトー。あ、じゃあ回しますんで触ってみてください」
お客さんたちが新作オナホの感触を確かめます。
「女の人がオナホールに指を突っ込んでいるのって、『あの人ニ本なんだー』とか想像できていいですね」



h08.jpg
「今ホッパで一番売れてるのがですね、『くノ一淫法 触手裏剣』でですね、『ヒダの里』のくノ一がモチーフなんですよ」
「ところどころ、そーいうのぶっ込んで来ますよね」

h09.jpg
「それでは内部侵入動画を見てみましょう」
「こんなものも作ってるんですね。もう真面目なのか何なのかわからないですね」




〜オナホってどうやって作るの?〜

「まあこういったオナホールをどうやって作っているのか知りたいと思いますのでね、今回動画を用意してきました〜」
副音声(現場のどよめきやらなんやら)入りでお送りします。

h10.jpg
『世界のオナホ工場から…今日は埼玉県ホットパワーズ工場からお送りします』
副:お、それっぽい

h11.jpg
『ホットエンターテイメントの提供でお送りいたします』
副:これうちの親会社です

h11_2.png
『オナホ職人の朝は早い』
副:5:00起きは早いですね

h11_3.png
『オナホを作るのには何よりも体力が必要なのです』
副:棒ですね〜

h11_4.png
h11_5.png
『オナホを作りたければ俺を倒してゆけ!』
副:ッ!?

h12.jpg
『頼もしい仲間がいる』
副:????

h13.jpg
『くそ〜許さんぞ〜!』
副:・・・意外と凝ってますね、余計に

h14.jpg
『刻もうぜ、俺たちのビートを! “巨・尻・人・形”!』
副:自分らの曲入れたいだけじゃねーか

h15.jpg
h16.jpg
『ついに出来上がった』
副音声:なにもやってねえ!

h17.jpg
『やったぜ〜!』
副音声:ダセェッ!



「・・・これでわかれと?」
「みくらちゃんには説明責任があると思います!」
「でもこんな感じですよ?」



h18.jpg
その後、僕の一番気になったオナホ『三峰ほおる』の話や、先ほどの主演を張った工場長佐藤さんのアナルを再現した「佐藤のアナル」のお話を挟んでたらガッツリと時間が押してしまったので、一時休憩へ。



〜〜休憩中〜〜

h21.png
休憩時間には少し遊べるエキシビジョンをご用意しました。
賞品はホットパワーズから色々とご提供いただきました。

h19.jpg
h22.png
【ローターレース】
まっすぐ進んでくれる子もすぐ曲がってしまうヤツもいるぞ!
ローターの強弱で操って一番を目指せ!
普段使い慣れているかがキモだ!!

h23.png
【スク水すくい】
すくうのは正しくは金のボールだが、そんなことは関係ない!
無数の金玉とネットリとした水の下にみくらちゃんのスクール水着が沈んでいるぞ!






●後半戦●

〜このオナホがしゅごい 2014〜

自社他社問わず、「これがすごくいいですよ」というものをご推薦していただきました。
どこよりも早く2014年を振り返ります。

h24.jpg

h25.jpg
真実の口:マジックアイズ
白く硬い歯がある、舌がある、すげえ!
「これはうちで作りたかったですね。幼女がなれないフェラをしているという変態さんには最高のフェラホですね。見る人によっては“不気味の谷”を感じちゃうかもしれませんけどね」
ちなみに「真美(まみ)の口」だそうです。


h26.jpg

h27.jpg
ひだちつッ娘ぷらす:日暮里ギフト
「これはクロスしているヒダのところにねじり込むことで新しい刺激を得られるというものですね。これは内部構造を作ってから外部構造を作るので二重の手間なんです。この紐になってるところにおちんちんの先っぽの割れ目がヒュッて引っかかったら、なんか玉がヒュッてなりません? 怖くありません? 私ついてないんですけど」
かなり構造に関して色々と教えてくれました。


h43.png

h28.png
ATUSHI:日暮里ギフト
「“アツシ”って誰?」
「いやあ、あのグループの“アツシ”じゃないですかねw」




ぼくの考えたオナホール品評会
2013年、2014年に参加者、来場者の方から応募していただいた『ぼくの考えた最強のオナホール』の作品の中からみくらちゃんが「プロの目で」ベスト1を選びました!

まずは3つを選んでいただきました。
h29.jpg
「ちくわ、サンドイッチ、挟める、美味しいって書いてありました。これはね、ちくわがオナホールに使えるよって言いたかったんでしょうかね?」

h31.jpg
「これは発想がいいですね。朝立ちによってスイッチが入るというのが。でも“電動に当たりなし”って言われているので、そこらへんをどうしようかなって」

h30.jpg
「このアイデアって今まで何人にも言われていたんですよ。具体的に実現化はできそうですね。近いものを出したメーカーはあるんです。伸びしろはありますね」



「みんなシタが肥えてるので厳しいんですよね」
「・・・それでは、この3つの中ではどれがグランプリですか?」

「ちくわ」

「?」
「え?」
「・・・じゃあ、一位の“ゆき”さんには賞品としてホットパワーズ製のオナホールをプレゼントしたいと思います!」

現在ゆきさんは現れておりません。
9月いっぱいまでお待ちいたしますので、ぜひご連絡下さい。
現れなかった場合は使用いたします。





質問コーナー
ホッパのみくらちゃんに聞いてみたい事ある?
お客さんからの質問コーナーです。
h32.png

「オーガの再販の予定はないんですか?」「御社における繁忙期は?」「この業界に入ったきっかけは?」などなどいろんなご質問がありましたが → 「同じものではないのですが再販予定はあります:オーガ」「お盆だとか他のところが休みの時ですかねー:繁忙期」「(とてもいい話、ナイショ):きっかけ」などなど。
ちょっと押してきちゃったんで駆け足でしたが、これにてトークショー終了!





h34.png
はい、ここから最後のゲーム大会、「バルーンファイト」の開始です。入場時に渡したコンドームを30秒で一番大きくふくらませた人の勝ちです。
みくらちゃんも参加です。

h35.png

h36.png
1位になったコガラさんには、みくらちゃんから「【限定版】みなさんはじめましてのほっぱっぴ~☆みくらですぅ\(^o^)/」が贈られました。
「これ、私の型取りしたものですので、いっぱい使って下さい♡」




お見送りローション握手会の様子
h39.jpg

h38.png

h40.png

h41.png




展覧会にいらしていただきました156名のお客様、メモを無くしてしまい正確にはわからないのですが、トークショーにいらしていただきました30名くらいのお客様、お手伝いいただきましたスタッフの皆さま、出品者の皆様、出演者の皆様、トークショー当日15:30に空港、翌日13:00にまた空港といったキビしいスケジュールの中、札幌まで来てくださったホットパワーズみくらちゃん、および色紙などいろいろご提供、お手伝いいただきましたホットパワーズスタッフの皆さま、本当にありがとうございました。

なんとかかんとか無事終了いたしました。

35.jpg



次は2月の「下品で最低 女の子の日」でお会いしましょう!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。